GTブログ

コスモゾーン

  • 2015.8.28

 

 

さて表紙の画像はいったいなんでしょう。

地球内部の構造です。

中1の理科の地学の復習をしていましたところ、ある生徒が「卵に似ている」なと。

imgres

に、にている!!

カラザとかまである。

地球には海嶺と海溝といってマグマが出入りするポイントがある。

それが地球の中心マントルをつないでいるように見える。

 

そうすると、「地球が生まれる」ということは爆発して中身が外に出ることなのか。

僕たちは卵の表面の雑菌みたいなものだろうか。

温暖化とか核問題とか「地球が生まれる」状態になったらすべて消えてなくなるほどのちっぽけなことなのか。

 

宇宙や生命って不思議や。

追伸 もう一度大学にもどることができたらやりたい研究

1.光合成の化学反応をおこす

2.ウナギの産卵場所を追跡する アンド ウナギの完全養殖

です。

ではまた来週!

 

おすすめ情報

  1. 新中2・新中3を対象に「2022春期講習」を開講します。
  2. コロナ禍で、対面での体験授業への参加に不安がある方や、GT塾の授業を事前に見ておきたい方などに「授業...
  3. 2022年度入塾生募集案内のチラシはこちら。

最新のGT動画

  1. 三重県高校「理科」入試予想問題・解説
    GT動画ページに平成31年度三重県高校入試「理科」の予想問題・解説動画を追加しました。
  2. 中2 理科「飽和水蒸気量の計算」の解説動画
    GT動画ページに中学2年の理科「飽和水蒸気量の計算」の解説動画を追加しました。
  3. 中1 理科「地震の計算」解説動画
    GT動画ページに中学1年の理科「地震の計算」の解説動画を追加しました。